FC2ブログ

元気をもらえる病院

患者様が来院されて、まず最初に接するスタッフは受付です。
今回は受付スタッフにまつわるちょっといい話です。
ある患者様は、初めて当院を受診された時、受付のスタッフが笑顔で挨拶をしてくれて、はきはきと明るく丁寧な対応をしたことに対して大変驚いたそうです。
その患者様は検査室で検査員に笑顔でおっしゃいました。
「ここは入った時から、気分がいいわね。病院は憂鬱だったけど、ここには元気をもらいに来られるわね。」
病院に行くのは何か心配なことがあっての方も多いと思いますが、こんなふうに患者様から笑顔を見せていただけたことがとてもうれしい出来事でした。
  1. 2018/12/01(土) 08:26:19|
  2. 未分類

16歳の夢

当院にお越しになった16歳の方には「ボートレーサーになる」という夢がありました。

養成学校を受験するに当たり、
裸眼視力が両眼とも0.8以上必要なことが一次試験直前に判明。
お急ぎの手術ご希望でお母様とご一緒に来院されました。

ところが手術当日、使用するレーザーに不具合が生じ、
手術することができなくなってしまったのです。
そこで、市内のレーザー手術が可能な医院を私たちで探しましたが、
どこの医院も緊急の手術は満員で断られてしまいました。
諦めなくてはいけないのか、と悔しさのあまり医師も看護師も診察室で思わず
涙ぐんでいました。

そんなことがあったのですが、この方はダメもとで受験した一次試験に見事合格し、二次試験へ進むことができたのです。
二次試験の前には当院で手術を行うことができ、視力が重視される二次試験にも
見事合格。地元を離れ、寮生活が始まる前に当院を来院され、

「レーサーを目指して勉学に励みます。不安よりも期待が大きいです。」

と笑顔で旅立って行かれました。
  1. 2018/11/03(土) 14:25:01|
  2. 未分類

児童書

近頃小学生を中心に児童の患者様が増加しています。

学校の検診で指摘された方、オルソケラトロジーといった近視矯正を
希望される方などが増えてきたからです。
当院では今まで成人向け、及び幼児向けの雑誌は置いていたものの、
小学生から中学生などの児童向けの読み物は置いておりませんでした。

そのため待ち時間にあちらこちらに歩き回ったり、
下を向いたりして診察を待つ患者様がみられ、
その中で漫画や子供向けの雑誌を置いてほしいとの要望もあり、
今回児童向けの漫画で人体や昆虫の世界の知識を深められる本や、
エジソン、マザー・テレサなどの自伝を設置しました。

大変好評で診察まで真剣に読みふけっている子供さんが見られるようになり、
もっと増量しないといけないと考えております。

大人の方も楽しめる本であることから、診察までご覧になる方もおられます。
ちょっとした患者様への配慮ですが、本があって良かったですとの声をいただき、
うれしく思っています。
  1. 2018/09/28(金) 10:34:57|
  2. 未分類

#真夏の手術

患者様のK様はこの暑い夏の盛りに、
遠く奈良県から通われて白内障の手術をされました。

地元の眼科で白内障手術を勧められたものの、
お嬢様が「手術をするなら評判の良い医院でしたい」と強く希望され、
いろいろ調べられた上で当院を選ばれました。
手術の前にはご納得がいくまでしっかりお話合いをさせていただいたためか、
信頼してくださり、遠方にも暑さにもかかわらず手術後も奈良から当院に通院されています。

術後の経過は順調そのもの。
お嬢様といつもご一緒で、とてもよく見えるようになったと
大変喜んでいらっしゃるご様子を拝見して、こちらも一安心!(#^.^#)
  1. 2018/08/29(水) 18:22:56|
  2. 未分類

待合室の秘密基地

待合室のキッズコーナーはご存知ですか?
ちょっとかがんで入り口をくぐると、そこは子どもの患者様や、患者様のご家族が遊べる空間になっています。
検査で子どもの患者様をお呼びした時、キッズコーナーが楽しかったと嬉しそうでした。
キッズコーナーを見るとまだ何人かのお子様が。
「ご兄弟?」と聞くと、「今日お友だちになった!」と笑顔で答えてくれました。
新しいお友だちができるきっかけの場所になってよかったな、とほっこり思う出来事でした。
  1. 2018/07/30(月) 18:23:45|
  2. 未分類
次のページ